公立小学校生徒たちの英語学習記録

2021年4月中学生になりました

小学生は中学生になりました。

4年生でやってきた3人も今月とうとう中学生になってしまいました。
時が経つのが早すぎて怖いです。

3月10日で更新が止まっていましたが、レッスンは継続しています。

3年間で3人ともそれぞれに大きな成果を挙げたと思います。

ゆか先生の教室に初めて来たときに、3人の中でも英語の勉強が進んでいたのがAliceでした。別のところで英語を勉強していて、英検4級も持っていました。(本人曰くギリギリ合格だったそうですが)
3級に向け教室で勉強を続け、合格。中学受験のため半年お休み。
その期間で覚えた単語も忘れてしまうかな、と心配しましたが、戻ってきて単語のテストや文法のテストをやってみると、基本的なことはちゃんと覚えていました。
3級を持っていても、文法の深い理解というのは、何度も繰り返して身につけていく必要があります。
1年生の間に、BE動詞と一般動詞の違いと使い分け、構文表現、熟語などを学習し、準2級の力を養っていきたいと思います。

将来的には、文学を英語で楽しんでほしいので、読解力にも力を入れていきます。

ほぼ英語はまっさらな状態でやってきたのが、MaddieZoeの2人です。
2人とも家庭学習用の教材や、学校の授業で少し触れていたので、アルファベットの文字も習得済みでした。

Maddieはモチベーションがありました。小学生で英語を始める生徒にはなかなか珍しいことです。
彼女のモチベーションというのは、「英検を取りたい」という目標で、ご両親が中高生のころに取得された英検の級よりも上をいきたい! と自らの意思がしっかりしていました。
5級から受験し、1年ごとに級を上げ、今年の2月に3級に合格。
3月、4月に福岡県公立高校の英語入試の問題や、英検3級の文単でリスニングをしました。
入試問題は初めての形式のテストでしたが、記号で答える問題、語数指定のある英文など正答していました。3年後には全問正解できるのではないかと思います。
ほとんどの生徒は3級に合格しても、リスニング力はなかなかつかないので、文単のリスニングでも聞き取りに苦労する生徒がいるのですが、やってみるとほぼ理解できていました。
この調子で、部活動と両立して、中学1年生で準2級が取れるようにサポートしていきます。

一方でZoeは、英検に興味はありませんが、コツコツ努力派です。
自分の中で納得いくまで考えるので、後々学習したことを忘れないのがすごいところです。
英検受験に興味はありませんが、1年ごとに力がついているか、最新の過去問を使って確認しました。3月の最後に4級の過去問をしました。
まったく1人で解いた大問1から大問3までの25問で、間違いは5問もありませんでした。
大問4からは5級にはなかった長文になるので、長文問題の解き方や読み方を解説しながら解いていきました。最後の長文はあまり口出しをせず見守っていましたが、5問中1問間違いでよくできました。
4月からは3級の内容に入りました。中学生になって英検を受けることになるかは分かりませんが、またこの1年で3級の力をつけていけるよう進めていきます。

 

3人とも中学生になり、ブログのタイトルを変えて継続するかどうか考え中です。
ブログタイトルを変える場合は、なんて変えようかな。

英検3級二次の結果が出た!

f:id:yukayakuin:20210310222012j:plain

昨日英検ウェブサイトで合否結果が公開され、英検3級の二次を受験していたMaddieのお母さまからメールが。

二次もめでたく合格です!

しかも満点合格だったようです。

練習を始めたときには、少々不安がありましたが、直前の練習のときにはずいぶん上達しました。

最初は自信なさげで、質問に答えるのにも時間がかかったので、点数が取れそうな部分を頑張る方法を考えました。

  1. パッセージの音読
  2. Q&Aの2番
  3. Q&Aの3番

この3点で点数が稼げるようにと考えました。

もちろんQ&Aの1番、4番、5番も同じように練習しました。

ゆか先生が記憶している中で、英検3級二次で満点合格した生徒はいなかったと思います。(すでにゆか先生の教室に来た時点で3級を取得していた生徒の成績は知りません。)

高得点で合格することはあっても、必ずどこかで1点落としてしまうことがほとんどでした。アティテュード(態度)点だったり、パッセージの音読だったり、Q&Aで何か間違えてしまったり。

次は準2級を目指して学習していきます。

今月は中学入学前に復習で、BE動詞と一般動詞の理解、三人称単数現在形の理解、進行形、疑問文、否定文を勉強します。

英語学習用の課題ノートを渡しました。

Maddieには英検3級を目指すときに渡していましたが、今月AliceZoeにも英語教室で使うための課題ノートを渡しました。

f:id:yukayakuin:20210310170628j:plain

3人とも最初は文字の学習のために、英語用の罫線(4本線)のノートを使ってきましたが、すでに文字は丁寧に書けるようになっていますので、今後たくさん書くためにも、大きなノートを選びました。

A4サイズで大きいノートです。英作文の練習をする際にも、アイディアを書き出すのにも、パラグラフを書くにも、1ページでまとまりそうです。
英作文以外にも、他の生徒ですが、リスニング力強化のために、レッスンで聴いた文章の書かれた紙をノートに貼って、宿題で和訳をしたり、読解問題をしたりしています。
AliceMaddieもそろそろリスニング強化の勉強をしたいと思っています。

続きを読む

最上級の学習

比較級の学習と復習を終わらせ、最上級に入りました。

前回は比較級で、形容詞にerをつけることやmoreを形容詞の前に置くこと、thanを忘れないことなど、学習しました。

最上級にも同じようなルールがあることを学習。

  • 基本的に形容詞の最後にestをつける。(biggestなど)
  • eで終わる形容詞にはstをつける。(cutestなど)
  • yで終わる形容詞はyをiに変えてestをつける。(happiestなど)
  • 長い形容詞(だいたい母音が3つ以上)は形容詞の前にmostを置く。(most expensiveなど)
  • good/wellはbestに変身。
  • badはworstに変身。
  • many/muchはmostに変身。

今回は上のルールを覚えたり、教本を使って並び替え問題を解いて、ざっくりと理解を進めました。
また次回は引き続き最上級で、問題を作って、理解を深めて行きたいと思います。

単語の復習を重ねる。

2月に教室に戻って来たAliceは、休む前に学習していたキクタンの単語の復習をしています。もう忘れてしまっているかな、と思っていましたが、スペルもしっかりと記憶しています。

今週は#2の動詞と名詞のスペルテストをしました。

動詞のテストで、働くworkはwarkと書いてしまったのですが、
名詞のテストで、宿題homeworkは正しく書けていました。

単語のテストは、マッチング(日本語・英語両方表示し線でマッチングさせる)、日本語の意味(英語のみ表示)、英語のスペル(日本語のみ表示)が基本ですが、時間が経つと忘れてしまうので、4種類目のテストで、穴埋めテストがあります。

今週は#1の動詞の穴埋めテストをしました。
これは単語単体のみでなく、文の中で使えるか、文法をきちんと理解できているかも見ることができます。

Aliceは英語の歌をよく聴くようで、そこに出てくるフレーズなどで脳に定着するようです。穴埋めテストでも力を発揮していました。
文法の理解はまだこれからなので、今月と4月までにはBE動詞と一般動詞の違い、三人称単数現在形、進行形などの理解を深めていきたいと思います。