公立小学校生徒たちの英語学習記録

小学6年生の女の子3人(2月みんなそろった)

BE動詞の確認テストをした の巻。

10月に入って2回目のZoeのレッスン。

1回目は更新していませんが、英検5級の過去問をもう一度行いました。
Zoe自身、あまり5級レベルの力がついたと自覚がないようで、自信をつけるために筆記問題のみやってみました。前回は少しゆか先生が口出しましたが、今回はZoe1人で解き、間違いは数問でした。

5級レベルは合格ということで、4級レベルの内容へ移っていきます。

まずは動詞36単語の学習とテストです。 

6回目の動詞の学習で、第1ラウンドの英単語と日本語の意味をマッチングさせるテストは、全問正解でした。
次回は名詞36単語のマッチングテストです。

単語のテストの後は、BE動詞が理解できているか、手書きカードを使って確認しました。

BE動詞の原形、現在形、過去形、現在分詞、過去分詞、8つのカード。

現段階で覚えたいのは、現在形と過去形と原形の6個です。

現在形am, is, areをどう使い分けるのか、過去形was, wereはどう使うのかを復習。

もうひとつこれから覚えていきたいのが、原形のbe

4級レベルの内容には助動詞の学習が入ってきて、助動詞の後には原形が来るので、今のうちに理解したい。

ちょうどそばに助動詞willのカードがあったので、それを使って、

I will be a star!

「わたし、スターになるんだ!」的な例文を。

Zoeはそこで、

「I am a star. だといけないの?」と質問。

 ー amは現在形なので、「わたしはスターなのよ」と現時点の状態を言うことになるよ。

「I was a star.は?」

 ー wasは過去形なので、「わたしはスターだったんだ」今はもうスターじゃないのかな。昔の自分を振り返るのが過去形was。

Zoeはひとつひとつ質問をしながら、きちんと納得しているようです。

今の段階ではまだ覚えなくていいのですが、beenの例文も出しました。

I have been to America.

「わたしはアメリカに行ったことがあるよ」

 Zoeは再び、

「I went to America. じゃだめ?」と質問。

しっかりgoの過去形を覚えていることがわかります。

 ー wentでも間違いではないよ。単純に「行った」ことではなくて、経験値として「行ったことがある」って表現をしたい時に(have) beenを使うんだよ。

「へぇ」

小学6年生でこのように疑問を投げかける生徒はまれです。
コツコツ派ですし、高校受験や大学受験でも単語力が足らないとか、文法を覚えられていないとか、焦ることはないはずです。これまでたくさんの生徒を見てきたのでわかります。