公立小学校生徒たちの英語学習記録

小学6年生の女の子3人(2月みんなそろった)

There is/are 「ある・いる」表現

11月1回目のZoeMaddieのレッスン。厳密にはMaddieは10月の振替レッスンですがカウントは11月に入れます。

キクタンより単語テスト。

Zoeは名詞の英単語を見て、日本語の意味を書くテスト。
Maddieは動詞の英単語を見て、日本語の意味を書くテスト。
2人とも全問正解! きちんとノートに書き取り練習をしている成果です。

文法学習は、Zoeは前回に引き続き疑問詞

Maddieは、There is/areの学習です。

「〜がある・いる」という表現はいくつかあります。

I have..., We have..., They have..., It has...で始まるものもあるし、

A cat is under the car. とか、Balloons are in the tree. とかもある。

今回は There is / are

公立中学校では1年生に学習する内容だったかと記憶しています。
現在、公立中学校の生徒が来ていないので、定かではありませんが、そこまで難しくないところです。

Maddieはすでにisareの使い分け方を理解できているので、この構文に慣れ、よく一緒に用いられる単語(many, a lot of, (a) few/little, some, anyなど)も覚えられるように、繰り返し学習を続けていきます。